スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | [--------(--) --:--:--] | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

乞食のくれた手ぬぐい あらすじ


0056 乞食のくれた手ぬぐい 投稿者 nihonnotakara1976

乞食のくれた手ぬぐい あらすじ

江戸に海丸という海産物問屋があり、そこにお梅どんという十八になる女中がいた。お梅どんはたいそうな働きもので気だても良かったが、決して器量よしというわけでなかった。ある夏の暑い日、お梅どんが店先で水を播いていると、一人の乞食がやって来て、水を一杯くれと言う。しかし女将さんが出てきて、とっとと帰れと言って追い返してしまう。心の優しいお梅どんは乞食を可哀相に思い、女将に内緒で水と握り飯を分けてやると、乞食はお礼といって汚い手ぬぐいを差し出す。お梅はその夜、夢の中で観音様に顔をなでられる夢をみるが、井戸に顔を映すと、やはり以前のままだった。悲しくなった青梅は明け方まで泣きとおした。朝になり、若い衆がいつものようにお梅の顔をからかった。お梅は涙があふれ、顔を洗って、乞食に貰った手ぬぐいで顔を拭いた。するとお梅の顔が大和絵に出てくるような美人に変わっていた。そこに女将さんがやって来てことの顛末を聞くと、さっそく自分も美しくなろうと江戸の乞食を集めて、酒や食事を振る舞い、乞食の使った手ぬぐいを集めた。女将の顔はどの手ぬぐいを使っても変わらなかったが、最後に残った手ぬぐいで顔を拭くと、馬の顔になってしまった。 (投稿者:蔵人)

あらすじ引用元
http://mannichi.web.infoseek.co.jp/cgi-bin/db/episode.cgi?mode=view&num=20



cheero 和風注染iPadケース (薔薇かんざし) / 本格染め。そのまま拭いて、いつも液晶がくっきり綺麗。洗えて、ほどけて、エコな製品です。cheero 和風注染iPadケース (薔薇かんざし) / 本格染め。そのまま拭いて、いつも液晶がくっきり綺麗。洗えて、ほどけて、エコな製品です。
()
cheero mart

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト


か行 | [2011-12-22(Thu) 16:11:12] | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント:
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © まんが日本昔ばなし 動画 一覧 All Rights Reserved. Powered By FC2.
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。