スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | [--------(--) --:--:--] | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

兎と太郎 あらすじ


0654 兎と太郎 投稿者 nihonnotakara1983

むかしむかし、ささ山とよばれる山に、おじいさんと孫の太郎が住んでいました。
 このささ山には、尻尾が長くて大きなウサギがいます。

 ある日、山へ出かけるおじいさんが太郎に言いました。
「夕方には帰ってくる来るから、おかゆをつくって待っててくれ」
「うん、わかった」
 太郎はおじいさんを見送ると、おかゆを作るなべを洗い始めました。
 するとその音に気づいたウサギが、
「おや? なべを洗っているのか。という事は、今から飯を作るんだな。よしよし、飯が出来上がるまで、ひと眠りだ」
と、横になって昼寝をはじめました。

引用元
福娘童話集 > きょうの日本昔話 > 12月の日本昔話 > ウサギと太郎



http://hukumusume.com/douwa/pc/jap/12/11.htm



関連記事
スポンサーサイト


あ行 | [2012-01-20(Fri) 18:04:27] | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント:
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © まんが日本昔ばなし 動画 一覧 All Rights Reserved. Powered By FC2.
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。