スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | [--------(--) --:--:--] | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

源ェ門ボット



0684 源ヱ門ボット 投稿者 nihonnotakara1984

http://www.nicotwitter.com/watch/sm825247

「源ェ門ボット」あらすじ
昔ある所に「源ェ門」という長者がいた。その屋敷にはたくさんの「ボット」が住み着いていた。
ボットとはカエルのことである。なのでこのカエル達は「源ェ門ボット」と呼ばれていた。
このボット達は毎日ぜいたくな生活ばかりしていたので太っており、さらに腹には大きなへそがついていた。
村人はあれはぜいたくな腹にもうひとつぜいたくな腹が出来たんだと言っていた。
しかしある時源ェ門の屋敷は潰れてしまい、ボット達は食い物が無くなって困ってしまった。
空腹で鳴いていると、村から美味しそうなにおいがしてきた。ボット達はにおいのする方へ行こうと
したが、大きな腹とへそが邪魔をしてなかなか進めない。やっとのことで村に着くと、村人がさつま芋を
焼いて食べていた。ボット達は村人に芋をわけてもらうとあっという間に食べてしまった。
すると焼き芋を食べたボット達は屁をこき始めた。その屁があまりに臭いので、村人はどんぐりで
ボット達の尻に栓をした。するとボット達の腹が膨らみ始め、とうとう膨らみすぎて屁が噴射し、空高く
舞い上がった。そしてボット達は雲の上に着いた。するとそこには雷様がいた。ボット達は雷様に下に降ろして
ほしいと頼んだ。すると雷様はそのへそをよこせば降ろしてやると言う。へそを取られたら痛いのでボット達は
雲の上を逃げ回ったが、やがて雷様にへそを取られてしまった。へそを食べた雷様は太鼓を鳴らして雨を降らせ、
ボット達はその雨を伝って下へ降りた。下へ降りたボット達は、へそが無くなったので身が軽くなり、雷様に
感謝した。それ以来、ボット達は怠けているとまた大きなへそが出来ると思い、一生懸命働くようになった。
そして雨が降ると雷様に感謝し、「源ェ門、源ェ門」と鳴くようになった。

あらすじ引用元
http://mannichi.web.infoseek.co.jp/episode/0684.shtml



紙兎ロペ [DVD]紙兎ロペ [DVD]
(2011/01/28)
不明

商品詳細を見る


か行 | [2015-06-05(Fri) 11:58:04] | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

かみそり狐 あらすじ


【まんが日本昔ばなし】三本枝のかみそり狐 投稿者 PhimTrungQuocHay

昔ある村の村はずれに「三本枝」という竹林があり、そこには狐が住んでいてその狐が人をばかすという噂があった。
時折村人達は寄り合いなどで集まると、その狐にひどい目に合わされたという話をし、これを大変恐れていた。
「あの三本枝には日が沈んでからは近付かない方が良い」とされていた。
ところがひこべえという若者は
「バカバカしい、そんなことがあるものか。狐をひっとらえて狐汁にして食ってやる」と豪語し、
次の日の黄昏れ時にわざわざ三本枝に入っていった。
狐の噂を全く信じていなかったひこべえは平気で、ずんずんと竹林の奥へ奥へと進んでいった。
すると、竹やぶの中に誰か人がいるのが見えた。よく目をこらして見てみると、それは赤子を背負った娘だった。
それを見たひこべえはこれは自分をたぶらかそうとする狐に違い無いと思い、里の方へ下りていく娘の後をつけていった。
すると娘は一軒の家に近寄り「おっかあ、今帰ったよ」と言って家の中へ入っていった。
ひこべえは家のばあさまを騙すつもりなのだと思い、助けてやらねばと家の中へ入り、ばあさまにその娘は狐だと教えた。
だがばあさまはそんなはずはないと信じない。
そこでひこべえは、その赤子は畑の赤株か何かに違いないと言い、赤子をひったくると火が燃えている囲炉裏に赤子を投げ込んだ。
だが赤子は赤株になるどころか火の中でのたうち回り焼け死んでしまった。
恐ろしくなったひこべえはその家を逃げ出した。
しかし孫を殺され怒り狂ったばあさまが、鬼のような形相で出刃包丁を持って追い掛けてきた。
ひこべえは謝りに戻ろうかと思ったが、あの怒り狂ったばあさまが許してくれるとは到底思えない。
ひこべえは走りに走って、いつの間にかある寺の前に着いていた。
誰かいないかと声をかけると一人の坊さまが現れた。
ひこべえがかくまってくれるよう頼むと、坊さまは寺の奥へ隠してくれた。
そして間もなくあのばあさまがやって来た。
その顔はもはや人ではなく感情を失った化け物のようだった。
ばあさまは坊さまにここに男が逃げ込んだだろうと言うと、坊さまは
「その男も悪気があってやったわけではないだろう、どうか許してやってくれないか」と言ったが
ばあさまは絶対に許せない、あいつの首をちょん切るまでは許せないと、ものすごい剣幕で言う。
ひこべえはばあさまの声を聴きながら念仏を唱えていた。
坊さまはあの男の処分は任せてもらえないか、悪いようにはしないから、とばあさまに言った。
それを聴いたばあさまはそれなら頼んだぞと繰り返し言いながら帰っていった。
ひこべえは坊さまのおかげで助かり、厚く礼を言った。しかし坊さまは
「お前は人を一人殺しておる。ここは坊主になり償うしかない。
そのためには頭の髪を剃り落とさなければならない」とひこべえに言った。
そうして坊さまはかみそりを研いでひこべえの髪を剃り始めた。ところがこれがものすごく痛い。
ひこべえは痛い痛いと坊さまに言ったが坊さまは
「人を殺したお前がこれくらいで何を言う。だが安心しろ、もう終わった」と言った。
そして坊さまは奥の部屋に布団を敷いてひこべえを寝かせてくれた。
ひこべえは疲れ果てぐっすり眠ってしまった。
そしてどのくらい経ったか。ひこべえがふと目を覚ますと、ひこべえは葉っぱをかぶって竹林の中に寝ていた。
そこで初めてひこべえは、あの娘も赤子もばあさまも、そしてあの坊さまも全部狐が化けたものだったのだと気がついた。
髪を剃るなどと言って頭に何をしたのかと頭を触ってみると、手には赤い血が大量についている。
狐は髪と一緒に頭も剃り落としたのだ。ひこべえは血だらけの頭に手ぬぐいをかぶり一目散に三本枝から逃げ出した。
それ以来ひこべえは強がりを言うことはなくなったそうだ。

引用元
http://mannichi.web.infoseek.co.jp/episode/1283.shtml




か行 | [2015-06-05(Fri) 11:55:43] | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

こがねの斧


まんが日本昔ばなし 「こがねの斧」 投稿者 tv-files

こがねの斧


あらすじの募集をしております。コメントにて募集中です。
どうぞよろしくお願いいたします。





か行 | [2015-06-05(Fri) 11:52:37] | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

Copyright © まんが日本昔ばなし 動画 一覧 All Rights Reserved. Powered By FC2.
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。